愛蔵版コミックス

赤白つるばみ 上

著者:楠本 まき

reply共有

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

ひたと肌に吸いつく音 うねる色彩の洪水──言葉の色が見えるという芸術家の老女・キノは、兄の大蛇丸を「白い子」と呼び、弟の由良ノ介の声を「赤白つるばみ」だと言う。兄弟の家の隣には、彼ら曰く菫色の声のヒルコが住んでいて…。稀代の名作『KISSxxxx』の系譜に連なるシュールで穏やかな美しい日常。

紙版
2014.12.25発売 762円(本体)+税 A5判/168ページ ISBNコード:978-4-08-792002-4